Blog&column
ブログ・コラム

業務用エアコンの仕組みと起こりやすいトラブルとは?

query_builder 2020/12/08
コラム
image03
家庭用エアコンと業務用エアコンは仕組みが異なるので、起こりやすいトラブルやその対処法も異なります。
ある程度広いオフィスであれば業務用エアコンが取り付けられていると思いますが、もしトラブルが起こって動かなくなってしまったら困りますよね。
そこで今回は、業務用エアコンの仕組み上起こりやすいトラブルをご紹介します。

▼悪臭がする
エアコンは、室内の空気を吸い込んで冷たい風や暖かい風にして室内に拡散させます。
空気を吸い込むときに、一緒にホコリや細かいゴミなども吸い込まれエアコンの内部に溜まると、カビが繁殖します。そのカビと一緒にエアコンから風が吹き出ると、悪臭がするという仕組みです。
エアコンの表面やフィルター部分であれば簡単に掃除できますが、その奥の熱交換機の内部は高い技術や知識がないと掃除できないので、業者に掃除を依頼するのがよいでしょう。

▼熱交換機が凍る
暖房機能は、室外機の熱交換機を冷やすことで温かい風を出す仕組みになっています。
しかし、雪などで気温が低い時や湿度が高い時に暖房を使い続けると、熱交換機に氷が付着してそのまま凍ってしまうことがあります。
そうすると暖房機能が正常に働かなくなり、エアコンから温かい風が出なくなります。
そういうときは、霜降り運転機能を使いましょう。霜降り運転は室外機の霜や氷を溶かす機能なので、これを使えば改善されます。

▼まとめ
業務用エアコンは仕組み上起こりやすいトラブルがいくつかあります。
定期的に清掃やクリーニングを行うことでトラブルを発生しにくくすることができます。もし自分たちで清掃出来ない場合は、ぜひ弊社にご連絡ください。

NEW

  • query_builder 2020/12/02
  • 先日、大阪市のタワーマンションにてハウスクリーニングを行いました。

    query_builder 2020/11/22
  • 先日、大阪市のタワーマンションにてハウスクリーニングを行いました。

    query_builder 2020/11/22
  • 先日、伊丹市でハウスクリーニングを行いました。

    query_builder 2020/11/12
  • 大阪にて業務用エアコンのクリーニングを行いました。

    query_builder 2020/11/02

CATEGORY

ARCHIVE