Blog&column
ブログ・コラム

エアコンクリーニングを成功させるには養生が肝!

query_builder 2020/10/17
コラム
tape-3682989_1920
エアコンクリーニングのほとんどがエアコンを壁に設置させた状態で行うことになります。
ですので、壁や床等、周りを汚さないためにも養生が必要です。

ここでは、養生のやり方の基本を紹介していきます。

エアコンクリーニングの養生の仕方

■用意するもの
 マスカーテープ、養生テープ、ごみ袋
 なお、ガムテープは跡が残るのでおすすめしません。 
 
■作業の手順

(1)安全のために、コンセントは必ず抜いておきましょう。
(2)エアコンのカバーやフィルター等のパーツを外します。
   破損を防ぐためにも、取り扱い説明書の指示に必ず従ってください。
(3)エアコンの周囲をマスカーテープを使って養生します。
   床の部分はブルーシートや新聞紙を敷いておくといいでしょう。
   ベッド等の家具にもブルーシート等のビニールシートをしっかりかけておきましょう。
   家電製品は移動させられるのであれば移動させておきます。 
(4)電装部分をラップで養生し、水や洗剤が入り込まないようにします。
   この作業は非常に大切です。ラップで何重にも巻き、しっかり保護してください。
(5)汚水を流すための通路をごみ袋で作ります。
   ごみ袋の底の隅を片側だけ切り取り、ごみ袋の口をエアコンの下側に取り付けます。
   壁側に固定しつつ、底の切り取った部分をバケツの中へ入れます。
 
 
▼まとめ
ここまでがエアコンクリーニングの際の養生の仕方です。
養生しなければならない範囲が意外と広いと思われたのではないでしょうか。
かつ、エアコンから流れ出る汚水をバケツで受け止めるための通路もしっかり作らないといけません。
慣れている人でない限り、なかなかの大作業となります。
ですので、ここはやはり専門の業者に依頼することをお勧めします。
西宮市の「ワールドクリーン」でも請け負っていますので、是非ご依頼ください。

NEW

  • 西宮市で浴室クリーニングを行いました。

    query_builder 2020/10/17
  • 芦屋市で空室クリーニングを行いました。

    query_builder 2020/10/15
  • 芦屋市のディーラー様で、床の定期清掃を行いました。

    query_builder 2020/10/12
  • 尼崎で、店舗清掃を行いました。

    query_builder 2020/10/09
  • 西宮でエアコンクリーニングを行いました。

    query_builder 2020/10/06

CATEGORY

ARCHIVE